海外赴任の際の行動調査

特に男性の場合は、仕事で海外に単身赴任する方が数多くいらっしゃいます。こういった海外への単身赴任や単身での長期出張などで、夫が浮気をしないかと不安になる奥様も多いでしょう。
海外に出かけた際の男性の浮気率というのは年々増加傾向にあるようで、探偵による浮気調査や行動調査は様々な形で遂行されます。例を挙げると、単身赴任での浮気、長期出張での浮気、海外旅行での浮気など、海外にある程度の期間滞在する場合の行動調査が主となります。
日本から離れての開放感や、海外だからといった安心感から浮気をしてしまう方が多いようです。こういった探偵による行動調査は、日本国内で行うものと調査形式はほとんど変わりません。
基本的には世界中どの国でも調査は可能ですが、探偵事務所によって対応している国としていない国がありますので、まず最初に確認しておくようにしましょう。調査が可能な場合は、対象国に現地調査員がいることが条件で、その国に滞在している調査員が実際の行動調査を行うことになります。
行動調査の内容は、日本国内での浮気調査と同じく尾行や張り込みといった方法でターゲットの監視を行います。日本人の探偵が現地に入り、調査員として行動調査を行いますので、非常に安心して調査を任せられるでしょう。
ですが、調査の日数や内容によっては調査費用も大きく変わってきますので、費用については事前にしっかりと確認しておくことが大切です。また、海外実績の高い探偵事務所を選ぶことも、失敗を少なくする方法ですので、依頼する事務所選びはしっかりと行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事