裁判のための情報収集

裁判に関わる資料などを集める場合は、探偵に依頼することで効率良く進めることが可能です。裁判で勝つには、資料集めや情報集めが必要不可欠ですから、出来る限りの準備はしておくようにしましょう。
実際の裁判では、客観的に立証可能な証拠や情報が必要となりますので、探偵と相談を繰り返しながら裁判を有利に進める情報収集をしていくことが大切です。例えば離婚裁判の場合、浮気相手と肉体関係があったことを示すメールだけでは、不貞行為の事実は認められません。
ですが探偵の浮気調査によって、ホテルに二人で入っていく映像などが証拠として提出された場合は、不貞行為を推測出来る証拠として認められるのです。それ以外にも、不貞行為を立証するための情報や書類など、多ければ多いほど裁判で勝てる可能性も大きくなります。
また、債務や不法行為での裁判でも、探偵に調査を依頼し資料を作成しておくことで、裁判をより有利に進めることが出来ます。このように、探偵による資料作成は裁判ごとに異なりますが、大まかに補足すると以下のようになります。
詐欺行為の場合は素行調査や情報収集、親権問題ならば聞き込み調査、交通事故では現場調査や聞き込み調査、相続関連は身上調査や科学鑑定といった感じです。また、場合によっては録音処理された情報を、探偵により文書化するといったことも行われるようです。このように、裁判を有利に進めるには探偵の調査や資料作成が必要不可欠ですので、実際の裁判を迎えるまでに万全の準備をしておくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事