協議離婚と調停離婚

協議離婚と調停離婚は、同じ「離婚」でも、そこにたどり着くまでのプロセスが大きく異なります。 離婚するにあたって慰謝料や養育費、財産分与などで両者が合意に達して離婚するのは協議離婚ですが、これから離婚して全くの他人になるであろう二人が話し合って合意しなければいけないので、場合によってはなかなか合意に達することができず、話がまとまらないというケースも少なくありません。 話がまとまらなければ離婚届にサインをしたくありませんし、相手もそう思っているはず。 それでも何とか折り合いをつけて離婚したい場合に適用されるのが、調停離婚です。

調停離婚では、離婚に至るまでの経緯や、当事者の希望などを参考にしながら、第三者が離婚についての条件を決めてくれるというメリットがあります。 調停離婚の場合には、そこで決められた親権や養育費、慰謝料などの条件は法的な効力を持つため、万が一未払いや不払いの場合には強制執行することもできます。

ただし、調停離婚の場合には、調停が何回か行われるので時間がかかるというデメリットもあります。 協議離婚の場合には、弁護士が間に入ることがあっても、基本的には当事者同士で話し合って合意に達すればそこで離婚が成立できるので、スピーディに離婚することが可能です。 しかし、調停離婚の場合には、指定された日時に裁判所に足をはこばなければいけませんし、その際にも手間や時間、費用なども掛かるので、かなり面倒なプロセスとなります。

離婚準備を賢く進めるの記事一覧

離婚の際の公正証書の作り方

離婚する際には、慰謝料や養育費、財産分与などの話し合いを行い、両者が合意した条件で離婚をすることになります。親権など、その場で決めてすぐに執行できるようなものは、後から問題になることも少ないのですが... 記事の続きはこちら