離婚と住宅ローンの借り換え

離婚の際に、夫だけが家を出て、妻と子供は同じ住まいに住み続けるというケースはよく見られます。慰謝料や養育費の代わりに住宅ローンを夫が支払い続けることになるケースが多いのですが、実際にはそこで生活していない夫の名義である不動産に住み続けることに対して、不快感を覚える人も少なくありません。しかし、住宅ローンを組む時には、夫のみの名義、もしくは夫と妻の名義となっているケースが多く、ローンが完済されるまでには銀行に相談しても名義変更に応じてくれることは少ないものです。

名義変更が不可能でも、住宅ローンの乗り換えは可能です。借り換えとは、残っている住宅ローンの残高に対して、妻が乗り換えの審査を受けて、妻の名義で借りなおすというもの。これなら、最初に住宅ローンを組んだ銀行に対しては完済されるので名義変更の心配はありませんし、妻が自分の名前で住宅ローンを組めるので安心です。

離婚と住宅ローンの借り換えには、一つ問題があります。それは、妻に収入がなかったり、不安定な収入だった場合には、乗り換えが難しいという事。住宅ローンを組む時と同じように、安定した収入があることが大前提で、その収入額に応じた金額の借入しかできません。そのため、離婚後にパートでやりくりしている場合や、収入が低くて借り換えしたい金額の審査が通らないという場合もあるようです。

離婚する際に住宅ローンの借り換えを考えている場合には、離婚を担当する弁護士に相談してみましょう。プロの視点で的確なアドバイスをもらえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事