離婚の際に住宅ローンの名義変更

離婚の際に住宅ローンの名義変更をする場合は、もともと夫のみの名義になっている不動産、もしくは夫と妻の共有名義になっている不動産から、離婚することによって夫だけが退去するというケースが多いのではないでしょうか。妻と子供はそのままそこに住み続けるわけですが、住宅ローンの名義が夫になっている場合には、離婚の際に住宅ローンの名義変更を行う必要があります。

ただし、離婚に際しての名義変更は、必ずしもスムーズにできるものではないので注意しなければいけません。まず、住宅ローンを組んでいる銀行から承諾を得る必要があります。住宅ローンを組む際には、名義人の収入や勤続年数など、いろいろな要件をもとに慎重に審査が行われているので、銀行はそれほど簡単に名義変更に承諾してはくれません。もし仮に、夫と妻の共有名義で住宅ローンを組み、妻一人の収入でローンの返済が無理なく行えると銀行が判断した場合には、名義変更は可能かもしれませんが、なかなか難しいので、銀行からの承諾は期待しないほうが良いかもしれません。

その場合には、離婚しても住宅ローンの名義変更ができないので、住宅ローンが完済されるのを待ってから名義変更を行うことになります。離婚してから年月が流れた後でこうした法的な手続きを行うのはトラブルの原因にもなりやすいので、トラブルを未然に防ぐという意味でも、離婚する際にはこうした内容も含んだ離婚協議書や公正証書を作成しておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事