不動産のリースバック

不動産のリースバックというものをご存じでしょうか?リースバックとは一言でいうなら「任意売却した住宅を、賃貸として借りる」という事。つまり、離婚して住宅ローンが支払えなくなっても、リースバックすることによって、同じ住まいで生活し続けることができるというわけです。たとえばこれまでは住宅ローンの毎月18万円が支払えなかった場合でも、リースバックを利用することで、毎月の賃料が10万円となり、それなら支払えるというケースもあります。もちろん、毎月の負担がどのぐらいになるかはケースバイケースなので、必ず支払い能力を満たせる金額になるというわけではありません。

リースバックは企業間や個人事業での店舗や自営業の不動産などで行われることも多いようですが、個人が生活するような不動産で行われるのは一般的ではないといわれています。離婚で住宅ローンが払えずに任意売却を考えている人が安易に「リースバックすれば良いかな」と考えるのは危険です。

しかし、ケースによっては、個人が所有する持ち家やマンションのリースバックにも前向きに対応してくれる業者があります。決して簡単ではないし甘い話というわけではないことを理解しながら、こうした業者に相談してみてください。ただし、リースバックは、住宅ローンがあまり滞納していない時期しか対応してもらえないことも多いようです。できれば滞納してしまう前に相談することをお勧めします。離婚で住宅ローンが払えなくなりそうなら、離婚届にサインをする前に両者で話し合って合意できる解決法を見つけることも必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事