離婚後に元夫が住宅ローンを払わない

離婚の際に、結婚生活の間に購入した住宅を、慰謝料や養育費として妻に残す夫は少なくありません。特に子供がいる家庭などは、子供のためにそれまで生活していた住まいに残りたいと希望する人も多いため、現金での慰謝料ではなく、住宅ローンを元夫が支払い続けるという合意で離婚するケースも多いようです。

しかし、離婚後に元夫が住宅ローンを払わないというトラブルが少なからず起きています。元夫が住宅ローンをきちんと払っているかどうかは、離婚した妻が確認することは簡単ではありませんし、そのたびに離婚した相手とコミュニケーションを取るのも嫌なものです。そのため、元夫が住宅ローンを未払い、つまり滞納していても気づかず、裁判所から競売通知を受け取って、初めて事の次第を知るという人が多いようです。競売通知とは、法にのっとって、所有者の意思にかかわらずに強制的に退去させ、住宅を競売にかけて安く売却するというもの。離婚後にそれまでの住まいに住み続け、元夫が住宅ローンを払い続けるケースでは、そうしたトラブルが起こりやすいので気を付けましょう。

もし競売通知を受け取ってしまったら、住宅ローンの損失が出るかどうかにかかわらず、少しでも自分に有利な条件で売却できるように、任意売却の手続きを行いましょう。任意売却できれば、引越し時期を調整したり、引越しにかかる費用も確保することが可能です。ちなみに、任意売却の際には、不動産の名義人全員の同意が必要になるので、すぐに連絡してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事