離婚の際の住宅の任意売却

結婚生活の間に購入した住宅は、離婚する時にどのように処理するかは夫婦によって異なります。売却して利益が出る場合には、すっきりと精算するために売却するケースが多いのですが、売却しても住宅ローンが完済できない場合には、離婚後にもどちらかがそこに住み続けるという選択をするケースもあります。しかし、場合によっては今までのように住宅ローンが払えなくなってしまうことも少なくありません。住宅ローンが払えずに滞納してしまうと、裁判所に差し押さえられて競売にかけられることになります。そうなると強制的に退去させられるので、できれば競売ではなく任意売却がおすすめです。

離婚の際の住宅の任意売却は、住宅ローンが払えない時に行う売却で、いろいろなデメリットはあるものの、競売にかけられるよりは有利な条件で引越しができるという点でおすすめです。ただし、任意売却する場合には、名義人全員の同意だけでなく、保証人がついている場合にはその人の同意も必要となるので、あらかじめ話をしておかなければいけません。また、価格に折り合いがつかないケースも多いので、任意売却ならウィンウィンで退去できるというわけでもありません。

離婚の際の住宅の任意売却は、基本的には専門家に支払う手数料は成功報酬となっているので、住宅を購入した時に支払ったような金額の手数料をまとめて支払う必要はありません。また、場合によっては引っ越し代や当面の生活費をもらえる可能性もあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事